{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

çanoma / 2-23 | 胡蝶(30ml)

9,900円

送料についてはこちら

インスピレーションの舞台は、ポルトガル・シントラの霧がかった深い森。ひんやりと湿った空気の中でふとアゲハ蝶との思い出が蘇る。 森林浴を連想させるウッディノートを中心に、インセンス(お香の香り)、スモーキーでドライなレザー、甘さを取り除いたフレッシュなローズ、四川山椒等のスパイスが華やかに香ります。 香りの構成イメージ〈ウッディ・スパイシー・ローズ〉 レモン、ベルガモット、ローズマリー、バジル、四川山椒、シナモン、ジンジャー、 クミン、クローブ、アイリス、ローズ、ゼラニウム、レザー、パピルス、パチュリ、ムスク オードトワレ 成分:変性アルコール、水、香料、ベンジンアルコール、ケイヒアルデヒド、ケイヒアルコール、シトラール、シトロネロール、オイゲノール、ゲラニオール、ヒドロキシシトロネラール、リモネン、リナロール、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、サリチル酸エチルヘキシル、トコフェロール、ヒマワリ種子油、BHT 容量:30mL 原産国:フランス çanoma(サノマ) 「日本人の日常的に香水を使わないのは、香水嫌いだからでなはく、日本人好みの香水がないからでは?」と考えたブランドディレクター渡辺裕太氏が、「日本人でも日常使いできる香水を作りたい」という想いで設立したフレグランスブランドです。2020年パリにてスタート。 Jean PatouやDolce&Gabbanaなどの香水を手掛けてきたフランス人調香師ジャン=ミッシェル・デュリエ氏の知識と経験を用い、日本の感性とフランスの調香技術を掛け合わせた日本人の感覚にあった香水を作り出しています。 ブランド名であるçanomaは、茶の間(日常)と茶道(上質)を掛け合わせた造語。 ブランドテーマは『上質な日常』。 “さ(sa)”を”ça”と綴ることで、フランスのエスプリを混ぜ、日本とフランス、両方のエッセンスを持つことを表現しています。 çanomaの香水名には試作品番号がそのまま使用されています。 例えば、1-24は、1という種類の香りの24番目の試作品を意味します。 これは、規制の変更に伴い、香水の処方の修正が必要となる際に、商品名である試作品番号を変更することで、レシピに変更があったことをお伝えするためです。 各香水が持つインスピレーションと近しい名を持つ源氏香之図がシンボルマークになっています。

セール中のアイテム